小説家 石野 晶
岩手県出身、岩手県在住。
四葉を見つけるのが得意。
2007年に『パークチルドレン』で第8回小学館文庫小説賞を受賞し小説家デビュー。
2010年には『月のさなぎ』で、第22回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。
徳間文庫より新刊『水光舎四季』発売しました。是非、手にとってみてください。

follow us in feedly   RSS

宿題をためたら物語が生まれた話 

2014年11月23日 日記
LINEで送る
Pocket

ブログに書くような日常ネタって、あんまりないなー、でもそろそろ更新しなきゃなーと考えていて、小学校時代のことを思い出しました。

そもそも私は、日記を書くのが大嫌いな子供だったのです。

小学生のころは、毎日の宿題に日記書きがあり、冬休み夏休みとなると、お約束どおり十日分とかためてしまって学校が始まる前に慌てて消化していたものでした。

ためた分の日記を思い出しながら書く、もしくは捏造しながら書く、それがあまりにいやでいやで・・・・・。だったら毎日書けばいいものなんでしょうが、そもそも日記に書くようなネタがない。

嫌気が差した私は高学年になった時の冬休み、担任の先生に日記の代わりに物語を書かせてもらえないかと提案してみたのです。こころよく了承をいただき、連載形式で一日一ページの物語を書いていきました。これならばためてしまっても苦労しないという計算どおりでした。

そのことが、私が物を書き始めるきっかけだったのだと思います。

そんな日記嫌いだった私が、今ブログを書いているという不思議。

コメントがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です