小説家 石野 晶
岩手県出身、岩手県在住。
四葉を見つけるのが得意。
2007年に『パークチルドレン』で第8回小学館文庫小説賞を受賞し小説家デビュー。
2010年には『月のさなぎ』で、第22回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。
徳間文庫より新刊『水光舎四季』発売しました。是非、手にとってみてください。

follow us in feedly   RSS

ミモザ日誌 11話

LINEで送る
Pocket

これはネゴノキ村に巡回士としてやってきた私の記録誌です。


ここのところ雨の日が続いています。村にはあちこちに水たまりができて、雨の模様を浮かべています。

久しぶりに晴れた日、午後の巡回に出かけると、翼男さんとタマゴちゃんに会いました。いつも翼男さんの背中にくっついているタマゴちゃんは、今日は自分の足で歩いています。

翼男さんの背中には、釣りざおが何本か羽にはさまれていました。

「魚釣りに行くんですか?」

「ああ、釣るのは魚じゃないけど。ミモザさんも一緒にどう?」

何を釣るのか気になって、一緒に行くことにしました。翼男さんは畑の広がる一帯へと歩いていくと、道の脇にある水たまりのそばでしゃがみこみました。

「これ、池じゃなくて、水たまりですよね。何かいるんですか?」

「いいから、糸をたらしてみなよ」

翼男さんに釣りざおを渡されて、エサもつけずに水たまりにたらしてみました。水たまりは思ったよりも深く、おもりのついた針がどんどん沈んでいきます。

しばらくじっと待っていると、翼男さんの針に、何かがかかりました。さおを上げると、針にかかっていたのは、ブリキでできたおもちゃでした。

「どこかの子供が、落としたものかしら?」

「いや。これは僕が子供のころ遊んでいたものだよ。ほら、タマゴも引いてる」

タマゴちゃんの持っていたさおを、翼男さんも一緒に上げます。針にかかっていたのは、赤い石のきれいなブローチでした。

「タマゴは、ずいぶん昔のものを釣り上げたみたいだな」

その間に私の針にも何かがかかったらしく、糸が引っ張られました。ぐんぐんと水の中に引かれるさおを、力をこめて引き上げます。針にかかっていたのは、赤いドレスを着た金色の髪のお人形でした。

「マリーちゃん!」

それは、私が子供のころ大事にしていたお人形でした。寝る時も一緒だった、マリーちゃんです。あんなに大事にしていたのに、大きくなるにつれて遊ばなくなり、どこへしまったかも忘れてしまったお人形でした。

「この水たまりは、何なんですか?」

「思い出が釣れるところだよ。雨の時期にしかできないんだ」

「タマゴちゃんが釣ったのも、思い出の品ですか?」

「たぶん、こいつが生まれる前の、思い出だろうね」

話しているうちに、また私の針に何かがかかったようでした。上げてみると、緑色のゴムボールがかかっていました。押すとピューと音がするボールです。

これは何だったかしらと、考えこんでしまいました。頭のすみに何かが引っ掛かっているのに、なかなか思い出せません。

たらした糸が、ぐいっと力強く引きました。片手でさおを持ち、ボールをもう片手で持って考えこんでいた私は、糸に引っ張られて体制を崩し、水たまりに落ちてしまいました。

バシャンと音がして、気がつくと水の中でした。水たまりのはずなのに、足がつかずに体はどんどん沈んでいきます。

足の下を見ると、白いもこもことした何かがいました。舌をたらして尻尾をふる、大きな犬です。

『ペルちゃん!』

やっと思い出しました。あのボールは、ペルちゃんのお気に入りのおもちゃでした。小さなころお隣の家で飼っていたのが、ペルちゃんです。このボールを使って毎日遊んでいたのに、今まですっかり忘れていました。

『ごめんね、ペルちゃん、すぐ思い出せなくて』

水の中の言葉は、泡になって消えていくだけですが、ペルちゃんは尻尾を振っています。昔と同じ、ボールを待ち構えている顔です。私は手の中のボールを、勢いよく投げました。口でそれをキャッチして、ペルちゃんはうれしそうに尻尾を振ります。

背中に何かが引っ掛かり、私の体は勢いよく引っ張り上げられました。ペルちゃんが、どんどん遠ざかっていきます。

バシャッと、水の上に顔が出ました。慌てて息を吸いこみます。私の背中に引っ掛かっていたのは、翼男さんの釣りざおの針でした。翼男さんもタマゴちゃんも、笑っています。

「ミモザさんを釣り上げちゃったな。思い出になるには、まだ早いよ」

笑い事じゃありませんと、私はふくれてみせました。

コメントがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です